あなたは大丈夫?糖尿病になるのはこんな人

昔に比べ、糖尿病になる人は大幅に増えています。その理由として、食事が豊かになったことと、運動不足の人が増えたことが原因とされています。今や糖尿病は若い人もなりやすい恐ろしい病気であり、油断するとあっという間に糖尿病患者になってしまいます。次に紹介するリストに当てはまるものがあった場合、糖尿病に注意しなければなりません。

糖尿病になる主な原因

  • 甘いものを食べすぎている
  • 普段から運動不足
  • ストレスがたまっている
  • 肥満体型
  • 親が糖尿病
  • お米が大好きで大量に食べている

発症すると怖い糖尿病の症状

糖尿病は知っていても、どんな病気かと詳しく説明できる人は意外と少なめです。なぜなら、糖尿病の症状は非常に数が多いからです。頻尿による水不足や糖がエネルギー変換されなくなることによる倦怠感。他にも血糖値上昇による心筋梗塞のリスク増加や、免疫力の低下があります。更に悪化すると細胞が壊死し、体が欠損するということもあるのです。

糖尿病の予防に役立つ習慣トップ3

待合室
no.1

運動

糖尿病予防で最も役立つのが、普段から運動していることです。体を動かして糖分をエネルギーに変えれば、糖分が蓄積すること無く消費されるため糖尿病になりにくいです。しかし、運動量以上に甘いものを食べ過ぎたり、夜中に小腹がすいたからと寝る前に甘いものを食べていると糖尿病のリスクは上昇するので気をつけましょう。

no.2

睡眠

意外なことに、睡眠不足と糖尿病は深い関わりがあります。睡眠が不足することで体の機能は弱まり、糖の代謝も弱まってしまうのです。その結果、糖尿病のリスクが高まってしまいます。逆に十分な睡眠をとった場合、基礎インスリンの分泌量が上昇し、糖尿病のリスクが大幅に下がるとされています。

no.3

人間ドック

普段健康的な生活を続けていても、何らかの見落とし1つで病気になることは珍しくありません。そのため、定期的に人間ドックで検査し、体に異常がないかどうかをチェックしましょう。人間ドックでは血糖値の検査もしてくれるため、基準値を超えていないかどうかの検査ができるほか、具体的なアドバイスも貰えます。糖尿病以外にも病気がないかどうかのチェックも出来ます。

糖尿病が怖いなら、サプリや人間ドックで予防しましょう

病院

予防方法にサプリを

普段の食事で糖尿病を予防する方法に、サプリがあります。糖尿病予防のサプリには、糖分の摂取をおさえるものや体内の吸収をカットするものなどサプリによって様々です。サプリは食前もしくは食後に摂取することで効果を発揮し、糖尿病を予防しやすくなります。しかし、予防するといっても、過剰に糖分を摂取するとあまり意味はないため、あくまで日常生活を少しサポートするものだと考えておきましょう。

女性患者

普段から健康に関しての習慣を身に着ける

糖尿病を予防する最も最善の手段が、日々を健康に過ごすことです。きちんと運動しているか、栄養はバランスよくとっているか、睡眠はキチンととっているか。この3つをしっかりしているだけでも大きく変わってきます。もし、運動や食事などで不安に思っていることがあるのなら、ダイエット外来で相談するというのも一つの手段です。ダイエット外来では肥満の人向けにアドバイスや治療を行ってくれるため、肥満による糖尿病リスクを無くすことが出来ます。